社会保険労務士の試験の合格率が高いスクールは?独学では厳しい!?【口コミあり】

資格試験

資格の勉強をしたいと考える方の中には、「社労士」の資格を候補に考える方も多いのではないでしょうか?

 

でも、「社労士」と聞いたとき、「社労士の試験って難易度高そう…」と感じたり、「社労士の受験には、何か特別な資格が必要そう…」というイメージを抱いたりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

折角、「社労士の勉強をしてみたい」と思っても、中々最初の一歩が踏み出しにくい場合、資格の勉強のやる気には繋がらないですよね。

 

「社労士」の勉強を始めてみたいという方に、オススメしたいオンライン学習サービスとして、「資格スクエア」が挙げられます。

 

今回は、社労士とはどんな資格であるかをはじめ、「資格スクエア」についてもご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも社労士という仕事とは?

社労士は、「社会保険労務士」の略称です。

 

「社会保険労務士」と耳にしたとき、具体的にどんな仕事が思い浮かぶでしょうか?

 

まず、字からも想像できるように、「労働保険」や「社会保険」に関する相談業務も、社労士の仕事の一つです。

 

他にも、労務に関する指導や、年金の相談業務、各種助成金の申請、トラブルが発生した際の代理人業務など、多岐に渡ります。

 

共通点として挙げられることは、「人」に関わる仕事である、ということです。

 

社労士は、普段から、人の悩みの相談に乗る機会が多い人や、自分と関わってくれる人と、真摯に向き合うことが出来る人には、非常に相性が良い職業と言えます。

社労士の年収の目安

資格を取得する際に、資格取得後の年収がどのくらいか、気になる方は多いのではないでしょうか。

 

社労士の年収を調査したところ、

 

平均年収は、400万~650万とのことでした。

 

この「平均年収」という数字はあくまでデータであり、社労士でも、年収が300万程度という方もいらっしゃれば、はたまた、1000万円以上という方もいらっしゃる、ということが実情です(もちろん、平均的な収入の方もいらっしゃいます。)

 

年収には、個人によって差があり、二極化が起きていると言っても良いでしょう。

 

「折角、資格を取得しても、今とあまり年収が変わらない…」という結果になっては、ガッカリしてしまいますよね。

 

それでは、どうすると1000万円を超える収入が狙えるのでしょうか?

 

その一つは「顧問企業」を増やすことです。

 

「顧問企業」とは、企業にとっての「専門医」のような存在であり、何か労務に関して問題が起こった際、常に相談できる社労士のことを言います。

 

もちろん、社労士としての知識や経験、認知度など、求められる部分も多くなりますが、「顧問企業」を増やすことで、毎月企業からの安定的な収入が複数から得られ1000万円以上の年収も夢では無くなると言えます。

社会保険労務士の試験の難易度とスクールに通うべき理由

社労士の試験の難易度と受験科目について

それでは、社労士の資格を取得したいと考えた時、独学かスクールに通うか、どちらが良いでしょうか?

 

独学のメリットはお金がかからないこと、型にはまらない自由な勉強方法が取れることなどが挙げられると思います。

 

けれど、社労士の試験は受験科目は8科目と多く、合格率も6%台を記録しており、非常に試験の難易度が高いことが特徴です。

 

また、社労士の受験科目の詳細は下記です。

  • 労働基準法及び労働安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)
  • 雇用保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)
  • 労務管理その他の労働に関する一般常識
  • 社会保険に関する一般常識
  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 国民年金法

参考書で独学でも勉強しても体系だった理解ができず合格は遠のく

社労士の資格試験には、前の節で述べた通り、8つの試験科目が存在します。

 

参考書は数多く出版されていますが、一人で読んで学習するには難解なものも多く、質問がすぐには解決しない点や、自分の中に落とし込むには時間がかかる点は、大きなデメリットと言えるでしょう。

 

このように、社労士の資格を独学には限界があるとともに、効率的に資格を取得するためにも、スクールに通う勉強方法をオススメします。

社労士の試験に合格するためのスクールの比較

それでは、社労士の合格実績があるスクールとして、今回は、下記のスクールをご紹介します。

・資格スクエア

・LEC東京リーガルマインド(LEC)

・クレアール

・アガルートアカデミー

・資格の学校TAC(TAC)

 

また、5つのスクールの、金額、合格実績、オススメ度について、表にしてみました。

スクール名金額合格実績オススメ度
資格スクエア¥59,800円(税抜)1位
LEC¥245,000円 (税込)5位
クレアール¥192,000円(税込)3位
アガルートアカデミー¥148,000円(税抜)合格率20.5%超え2位
TAC¥219,000円(税込)2019年度合格者445名4位

つづいて、各スクールをご紹介していきましょう。

資格スクエア

まずは、冒頭でも触れた、「資格スクエア」というオンライン学習サービスをご紹介します。

 

「資格スクエア」は、予備校やeラーニングとは異なり、独自のメソッドにより導き出された、合格のための最短かつ、最適な勉強法を、破格の料金で提供してくれるサービスです。

 

スタイルとしては、最大限自学学習を支援、というものですが、経験豊富な講師による、講義を受けることができます。

 

また、アウトプットによる学習を重視しており、100回以上の答案作成・添削の中で、文章を書くことが苦手な人も、「論文を書ける」域へ達することができるでしょう。

 



大手予備校より70万円も安い安価で確実な試験対策なら
資格スクエアは運営コストを徹底削減、圧倒的な低価格を実現。資料請求はこちら

料金について

「資格スクエア」の強みの一つは、破格の値段設定とも言えます。

合格パック(ベースプラン) ¥59,800円(税抜)

 

他スクールの半分以下の値段で、社労士の資格の勉強ができるため、「従来のサービスでは見送っていたけど…」という方も、まずは、無料登録をしてみてはいかがでしょうか。

 

将来の投資として、資格の勉強を始めることは、あとあとになって、価値を帯びてくる場面も増えるのではないでしょうか。

スクール在籍期間について

「資格スクエア」の合格までの道のりは、約一年を想定されています。

 

例えば、2020年の9月に勉強を開始した場合、2021年8月末で、試験直前対策講座が終了する日程です。

口コミ

資格スクエアの口コミを調査してみました。

https://twitter.com/kiso62274560/status/1212478388037795840

短期間で効率よく社会保険労務士に合格されたい方は、資格スクエアの社労士講座を受講されると良いと思います。

当たり前かもしれませんが、満点ではなく、高い確率で7割以上の得点を狙っている、言い換えれば、的を絞った内容の濃い授業が展開される点は、大変に魅力的だと思うので、過去に受検経験はあるが、中々、結果に結びついていない方には、資格スクエアのメソットを活用し、学習の効率性を高めることができると感じたのでお勧めいたします。公式HP Yさん

資格スクエアはSNSでの投稿数も多く、非常に注目されたスクールであることも伺えます。

 




大手予備校より70万円も安い安価で確実な試験対策なら
資格スクエアは運営コストを徹底削減、圧倒的な低価格を実現。資料請求はこちら

LEC東京リーガルマインドについて

「LEC東京リーガルマインド(LEC)」は法律からビジネス、労務、福祉関係まで幅広く、資格取得のための通信教育を行っている、資格の総合スクールです。

 

社労士の講座も開設されているとともに、動画による講座を無料で体験できることも大きな特徴です。

 

契約前に、気軽に合う合わないを体験できるため、講座開始後の「こんなはずじゃなかった」という不快感は防ぎやすいと言えるのではないでしょうか?

 

LEC東京リーガルマインドはこちら


料金について

LECの料金設定の一部は下記の通りです。

 

2021年合格目標 しっかり基礎+合格コース【通信Web動画・音声DL・スマホ】
245,000円 (税込)

 

また、期間によっては大幅な割引も適用されるため、チェックしてみてください。

スクール在籍期間について

LECのスケジュールは約1年を想定しています。

 

選んだカリキュラムによって、しっかりとスケジューリングがされており、それにそった学習を行っていきます。

口コミ

LECの口コミを調査してみました。

今LECを受講して猛勉中です。講座内容に関しましては、価格と内容が比例してこないと 思いますが、それはこんなものかと諦めています。 もし注文をつけるなら、テキストの重要項目を色分けして、DVD講義に迫力がほしいです。LEC社会保険労務士口コミ じゅんさん

私はLECのテキストがわかりやすく非常に良いと思います。もちろん注文をつければ、 きりがありませんが、今はLECを信じて頑張っています。今回で2度目の挑戦ですが、 次の試験に落ちたら予算の問題があるので、安い通信講座を受講してみます。              LEC社会保険労務士口コミ おのみちさん

社労士合格のためには、莫大な量の知識をインプットしなければなりません。

 

LECも、教材の作成方法には四苦八苦している印象を受けました。

 

LEC東京リーガルマインドはこちら


クレアールについて

「クレアール」は、社労士の資格取得に特化した、Web通信講座です。

 

DVDにより講座を受講することも可能であり、ネットを通じた多種バックアップを受けることもできます。

 

独自に編み出された、「非常識合格法」、「Vラーニングシステム」により、非常に効率化された学習を提供しています。

資格のクレアールの資料請求はこちらから



料金について

クレアールのコースの一部の料金設定は下記です。

 

2021年合格目標 一発ストレート合格パーフェクトコース
192,000円(税込)

 

また、期間限定で、78,720円もの割引を行っている期間もあるため、こまめにホームページをチェックしてみても良いでしょう。

スクール在籍期間について

クレアールのカリキュラムは1年間を想定されています。

 

1年間で、226単元(189時間相当)を計画に沿って学習していきます。

口コミ

クレアールの口コミを調査してみました。

社労士の資格取得のスクールとして知名度も高く、利用している人も声も多く見られました。

 

講師の充実具合は、勉強の充実具合に大きく影響を与えるので、重要視する人も多いのではないでしょうか?

 

まずは概要を知るためにも資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

資格のクレアールの資料請求はこちらから



アガルートアカデミーについて

「アガルートアカデミー」とは、オンラインの講義を中心とした、資格予備校です。

 

ルート」には「」という意味と、「Root(原点)」という意味が込められています。

 

アガルートアカデミーでの学習を通して、キャリアや実力、モチベーションが上がる「道」が確保され、様々な「原点」でありたい、という願いが込められており、シンプルかつ最適化された教材で、学習を行うことが出来ます。しかもフルカラーテキストの社労士講座となっています。

 

アガル−トの社労士講座はこちら



料金について

アガルートアカデミーのコースの一部の料金設定は下記です。

入門総合カリキュラム(2021年合格目標カリキュラム)
¥238,000円 ⇒ ¥148,000円(税抜)

アガルートアカデミーでは、2020年内まで大幅なSALEを行っているとともに、合格者には全額返金+お祝い金のキャンペーンも行っています。

 

正直、合格すれば無料で受講できる形なのでこれは美味しいといえます。

 

詳細は公式HPをチェックしてみてください。

 

アガル−トの社労士講座はこちら



スクール在籍期間について

アガルートアカデミーのカリキュラムは約1年半を想定されています。

 

無料講座も開設されているため、まずは無料会員登録と資料請求をしてみても良いかもしれません。

 

アガル−トの社労士講座はこちら



口コミ

アガルートアカデミーの口コミを調査してみました。

https://twitter.com/ka_ssko/status/1307986359957753856

他にも、公式HPでは、合格者の声が動画でチェックできるため、合格者の生の声をチェックしたい方は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

 

アガル−トの社労士講座はこちら



資格の学校TACについて

資格の学校TAC(TAC)もLEC同様、会計、法律、不動産や医療関係まで幅広く、資格取得のための通信教育を行っている、資格の総合スクールです。

 

TACは知名度も高く、受講者数が多いことも特徴の一つであり、合格実績も高く、既に構築されたメソッドは信頼度が高いです。

資格の学校TAC公式HPはこちら

料金について

TACのコースの一つの料金設定は下記です。

Web通信講座 ¥219,000円(税込)
また、早期割引の価格は、¥173,000円(税込)となっているため、受講を考えている人は、早めに申し込みをした方がお得でしょう。

スクール在籍期間について

TACのカリキュラムは約1年間を想定されています。

口コミ

TACの口コミを調査してみました。

私はTACの社労士講座は良いと思います。
基礎からしっかりと学べるようにカリキュラムが作られ、
基礎知識が身に付いてからの過去問も分かりやすいと感じます。
確かに分量は多いのですが、勉強付けの毎日を送れる自身があれば、
最後までやり遂げられると思います。

TACの社会保険労務士の口コミ・評判 40代男性

TACの教材に関しては、「丁度良い」という声と「多すぎる」という声、賛否両論でした。

 

大は小を兼ねると言う通り、少なすぎるよりは多すぎる方が良いですが、勉強量は自分との相談になりそうです。

まとめ

今回は社会保険労務士のご紹介とともに、様々な資格スクールをご紹介してきました。

 

スクールには独自の色やメソッドがあるため、まずは無料体験、無料登録をしてみることをお勧めします。

 

また、低価格かつ高い品質のサービスを提供してくれるスクールを選ぶことは、資格取得の鍵となってくることに間違いありません。

 

試験科目も多く、専門性の高い社労士に対して、アウトプットによる学習を重視している、「資格スクエア」は、スクールとして一つ抜きんでているのでは無いでしょうか?

 

説明ができる事柄に対して、多くの人は、「理解できている」段階、もしくは「理解を深められる」と言えます。

 

大手予備校より70万円も安い安価で確実な試験対策なら
資格スクエアは運営コストを徹底削減、圧倒的な低価格を実現。資料請求はこちら

 

ぜひ、資格取得を通して、より良い生活を掴んでいってください。

 

本記事が、少しでもお役に立てましたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました