【口コミ・レビューあり】弁理士試験に合格するためのおすすめスクール比較!短期集中で合格を勝ち取る

資格試験

今回ご紹介したい資格は、その名も「弁理士」です。

 

「弁理士」と「弁護士」の違いって何…?

 

そう考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

とても響きが似ている二つの職業ですが、「弁理士」はとある分野において、専門性が高い職業です。

 

その答えは、次の章でご説明します。

 

また、資格取得を考えた時、一番に頭に思い浮かぶことは「年収を上げたい」ではないでしょうか。弁理士の年収についても、調査を行っていきます。

 

そして、「弁理士になりたい」と思っても、「なり方が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、弁理士の試験取得の方法もご紹介していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

弁理士とは?

ここでは「弁理士」の業務についてご紹介します。

 

「弁理士」はズバリ、知的財産のスペシャリストです。

 

知的財産とは一体何でしょうか。

 

身近なもの全て、と言っても過言ではないかもしれません。

 

例えば、耳にする「音楽」は、著作権に当たります。商品を買った時、入っているメーカーの「ロゴ」は、商標権です。「こんな商品を作ったら売れるんじゃないか」という、「アイデア」さえ実用新案権という、知的財産なのです。

 

ところが、折角いいアイデアが浮かんだとしても、それを盗み聞きしていた人が、「あのアイデアを利用すれば、儲けられるかもしれない」と思い、自分が知らないところで、自分のアイデアを利用されてしまうのは悔しいですよね。

 

そんな時登場するのが「弁理士」です。

 

「弁理士」は代理として、特許庁へ知的財産権取得のための手続きを行うことが、大きな役割の一つです。

 

また、手続きだけでなく、知的財産に関する相談や、「弁護士」とともに、知的財産にまつわる訴訟に加わることもあります。

 

よく似ている「弁理士」と「弁護士」ですが、実は「弁護士」は無試験で「弁理士」となることができます

 

ところが、「弁理士」は特許を申請する段階で、知的財産に対する理解が必要不可欠です。

 

「音楽」や「ロゴ」には、理系知識は必要ないかもしれません。ですが、知的財産が「発明」であった場合どうでしょう

 

その際に必要な技術は、理系的な理解力です。

 

よって、「弁理士」は理系としての資質を求められるため、文系の比重が大きい「弁護士」とは異なるものであり、業務的な内容から言っても、「弁護士」が「弁理士」に特化することは、得策では無いとも言えます。

弁理士の年収の目安

弁理士の年収は、1000万円以上は夢ではありません

 

弁理士の平均年収は700万ほどですが、内訳を見てみると、500万の人もいれば、ゆうに1000万円以上をたたき出す人もいて、二極化が起きていると言えます。

 

地域ごとや、経験年数の差、他にも独立しているか、独立しているかどうかも、年収の差には関係があります。

 

中でも、独立をしているかどうかは大きなポイントで、経験の浅いうちからの独立はオススメできませんが、太いパイプとなって、安定的な収入を見込むことができる、顧問企業が複数いる状態の場合、思い切って独立をしてみると、グンと年収が上がることが予想できます。

 

弁理士は、年収が1000万円を超える職業としても、非常に魅力的ではないでしょうか。

 

また、一度作ったコネクションを大切にすることで、安定した高収入は、より自分のものとなるでしょう。

弁理士の試験の難易度とスクールに通うべき理由

弁理士の試験の難易度と受験科目について

次に、弁理士の試験についてご説明します。

 

弁理士の受験科目は以下の通りです。

短答式試験

・特許

・実用新案

・意匠・商標・条約

・著作

・不正競争防止法

論文式試験

・特許 / 実用新案

・意匠

・商標

・(選択科目)理工ⅠからⅤ、及び民法

口述式試験

・特許・実用新案法

・意匠法

・商標法

以上からも分かるように、三つの試験にて各科目を勉強する必要があるとともに、中でも論文式試験の選択科目に、理工ⅠからⅤが存在することから、理系の資格であることがうかがい知れます。

 

最終的な合格率は10%に満たない程度であるため、弁理士の試験は難関であると言えます。

弁理士の資格に合格に必要な平均勉強時間について

弁理士に合格するためには、スクールに通っても、独学で勉強を行っても、一日10時間程度は勉強する必要がある、と言われています。

 

一日に10時間を確保するなんて、特に働きながら資格を取得したい、という人には弁理士の資格取得は、現実味を帯びません。

 

しかし、独学よりもスクールに通う方が、スクールの中で培われたメソッドや、学習法を教えてもらえるため、短期集中で合格可能であることも、弁理士の特徴です。

弁理士試験に合格するにはスクールがおすすめ

先程お伝えした通り、弁理士の試験には、受験科目が多く専門性も非常に高いです。

 

独学で理系科目を勉強するのは、至難の業ではないでしょうか。

 

どんなに時間をかけても自力で解けない時、それまでかけていた時間は無駄になってしまいます。

 

「もっとこうすれば良かった」と後から思っても、時間は帰ってきません。

 

時間短縮で勉強がしたい方には、スクールに通う方が効率的に勉強ができるでしょう

弁理士の試験に合格するためのスクールの比較

ここで、弁理士の合格実績があるスクールとして、以下の4つをご紹介します。

・資格スクエア

・LEC東京リーガルマインド(LEC)

・STUDYing

・資格の学校TAC(TAC)

また、資格スクエアLEC東京リーガルマインド(LEC)STUDYing資格の学校TAC(TAC)の、金額、合格実績、オススメ度を下の表にまとめました。

スクール名金額合格実績オススメ度
資格スクエア265,000円(税込)1位
LEC495,000円 (税込)5人のうち4人がLEC出身者2位
STUDYing74,000円(税別)3位
TAC360,000円(税込)2019年度 合格者5名4位

それでは、各スクールについて説明していきましょう。

資格スクエアについて

 

まず、弁理士の勉強法の一つとして、「資格スクエア」というオンライン学習サービスをご紹介します。

 

「資格スクエア」は、他のサービスとは異なり、破格の料金でサービスを提供している点は特記すべき点の一つです。

 

また、予備校やeラーニングとは異なり、最大限自学学習を支援する、というスタイルを取っています。

 

独自のメソッドにより導き出された、合格のための最短かつ、最適な勉強法を、一人一人に合った適切な形で提案してくれるため、短時間かつ、効率的に学習を進めることが出来ます。

 

また、低価格であるにも関わらず、動画による講座は、受講者から高い評価を受けています。

 

無料登録するだけで、お試し動画を体験することができるため、百聞は一見に如かず。

 

まずは、講座を体験してみてはいかかでしょうか?

 

オンライン学習なら資格スクエア
授業料は大手予備校の1/3以下。
安さと質を両立させたオンライン学習サービスの決定版。スキマ時間に効果的に学べます


料金について

【2022年向け】基礎・短答・論文パック 265,000円(税込)

他にも、「論文添削ゼミ」をオプションとして付けることも可能であり、論文式試験の場合、記述問題には苦労しますが、その点のサポートもバッチリです。

スクール在籍期間について

【2022年向け】基礎・短答・論文パックの視聴期限は2022年7月末となっています。

 

2020年8月から学習を開始した場合、2021年度は短答式試験の突破を目指し、2022年1月には論文式試験に向けた対策を行っており、その後、口答式試験の対策を行うといったスケジュール感です。

口コミ

資格スクエアの口コミを調査してみました。

短答式試験については条文の趣旨を理解することを大切にしている講義です。これによって記憶力が悪い人でも弁理士試験を突破することができます。論文式試験では覚えておけば本試験でも十分戦えるというような問題(条文の要件効果や判例等を答える問題)を集めたリストを作ってくださいました。大変感謝しています。             資格スクエア弁理士の評判&口コミ評価より
資格スクエアの教材を通じて、有意義な時間を過ごしている受講者が多い印象を受けました。
弁理士同好会など、Youtubeに無料動画も数多く上がっているため、気になる方はチェックしてみても良いかもしれませんね。

LEC東京リーガルマインドについて

「LEC東京リーガルマインド(LEC)」は、幅広い分野で資格取得のための通信教育を提供している、いわば資格の総合スクールです。

 

ジャンルは、法律からビジネス、労務、福祉関係に及び、今回ご紹介している「弁理士」のための講座も開設されています。

 

知名度の高さから受講者の数も多く、同様に、合格者の5人のうち4人がLEC出身という、驚異的な数字もたたき出しています。

 

受講者からの生の声も、多く残されているため、講座を始める前にチェックしてみるのも良いでしょう。

LEC東京リーガルマインド(LEC)はこちら





料金について

2021年向け 1年合格ベーシックコース インプット+アウトプット一括

【通信/宮口・納冨・江口】 495,000円 (税込)

また、通信講座以外にも、LECには通学講座も存在します。

 

期間限定で8万円OFF期間も存在するため、気になる方はこまめに情報をチェックしてみてください。

スクール在籍期間について

必要な知識を0から1年で学べる仕組みとなっています。

 

インプットの段階では、各回3時間の講義が全100回収録されています。

口コミ

LECの口コミを調査してみました。

弁理士の合格者のほとんどがLEC受講者ということもあり、興味深い呟きが多数見受けられました。

 

試験後の解答速報なども充実しており、弁理士の資格教育に力を入れていることも分かりました。


STUDYingについて

「STUDYing」のネーミングには、「学び続けること」を「応援し続ける」という願いが込められており、その通り、圧倒的な低価格料金で、学びやすい環境から提供してくれる、学習サービスです。

 

2018年より、今のスタイルとなり、「スキマ時間」で気軽に学習を行うことができるように、インプットに当たる講義動画の配信を行っているとともに、すぐ記憶に定着できるよう、スマート問題集を提供しています。

 

また、論文対策用に、頻出パターンを分析しており、頻出パターンに沿った練習問題を解くことができるため、効率的な学習を行うことができる仕組みとなっています。

 

STUDYing公式HPはこちら

弁理士

料金について

弁理士 基礎・短答・論文総合コース[2021年+2022年度試験対応]

74,000円(税別)

上記以外に、論文総合コースだけ引かれた、55,500円(税別)のコースがあります。

抜きんでた低価格の秘訣は、運営コストを大幅に下げ、教育費のみに力を入れることで、実現可能となっています。

スクール在籍期間について

2021年度版 2021年11月30日まで2022年度版 2022年11月30日までとなっていますが、初年度で合格ができなかった人も、次年度に再び合格が狙える仕組みとなっています。

口コミ

STUDYingの口コミを調査してみました。

https://twitter.com/asaokinai_com/status/1200762208801574912

STUDYingの魅力は、圧倒的なコスパにあると感じる人が多いようです。

 

「少し値段がかかりすぎる…」と思っていた人も、気軽に始められる学習サービスと言えるのではないでしょうか。

 

STUDYing公式HPはこちら

弁理士

資格の学校TACについて

資格の学校TAC(TAC)もLEC同様、資格取得のための通信教育を幅広く行っている、資格の総合スクールです。

取り扱っている分野は、会計、法律、不動産や医療関係と幅広く、弁理士の資格もその一つです。

ハイブリッド学習システム」や、「論文解法講義」、「試験的中のアウトプット教材」で、受講者をプロの合格者へと導きます。

合格者数が数値として出されていることも、安心を生む秘訣の一つです。

資格の学校TAC公式HPはこちら

料金について

Web通信講座(1.5年本科生) ¥449,000 ⇒ 360,000円(税込)

上記の値段は、早割キャンペーン適応中の値段となっています。

10万近くトータルで変わってきてしまうため、このチャンスは逃したくないですね。

スクール在籍期間について

上記の講座は1年半のスケジュール感となります。他にも8ヶ月コースなどが用意されています。

また講義配信期限は、2022年7月末となっています。

口コミ

TACの口コミを調査してみました。

2年本科生のコースを受講しました。本コースは基本的に週1コマ、多くても2コマですので、家庭や仕事と両立しながら無理なく学習を進めたいという私のニーズに合致していました。初学者でも基礎からしっかりと固められるように洗練されたカリキュラムが組まれていますので、講義の予習復習をしっかりと行うだけで、合格に必要な知識を着実に形成することができました。TAC公式HP 合格体験記 Fさんより
上のコメントの方は、2年のコースを選択されていました。自分のペースで、効率的に勉強ができるスクールでの勉強法は、やはり、合格に直結しているようです。

まとめ

今回は「弁理士」についてご紹介しました。

 

ネットが普及する今、知的財産権は誰にとっても身近なものとなりました。

それは同時に「弁理士」は今求められている職業ということでもあります。

 

「弁理士」の方には、理工学部出身の方も多くいらっしゃいます。

法の知識を活かしたい、法の勉強がしたい人はもちろん、理系としての知識を活かしたい人にとっても、「弁理士」という職業は非常に魅力的ではないでしょうか?

 

今後の人生設計の少しでも手掛かりになれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました