ネットワークエンジニアになるためのスクール徹底比較

資格試験

情報ネットワークは今やガス・水道・電気に次ぐ「第4のインフラ」と呼ばれ日常生活に欠かせないものとなっています。


その情報ネットワークを正しく効率的に安定して提供するための仕事がネットワークエンジニアです。


ネットワークエンジニアにはユーザーの目に見える範囲(フロントエンド)とユーザーの目に見えない範囲(バックエンド)の深い知識が必要です。


ネットワークエンジニアになるためには独学でも大丈夫なのか、それともスクールに通った方がいいのか、ここではこれらについて記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、顧客の業務をIT化する際にネットワークを設計、構築、運用、保守などを行う人のことです。私たちは今では当たり前のようにパソコンからデータのやり取りを行っていますが、それらはすべてネットワークエンジニアが快適な通信環境の整備を行ってくれているからです。

ネットワークエンジニアの仕事の概要

ネットワークエンジニアの業務は主に提案、構築、運用、保守の4つに分けられます。

1.ネットワークの提案・設計

顧客がどのようにしてネットワークを活用していくのかをヒアリングし、設計書を提案します。具体的には「自社回線かインターネットか」「回線速度はどれくらい必要か」「ルーターは何か所設置するか」などをシステムエンジニアや顧客との会議の中で決定していきます。

2.ネットワークの構築

ネットワーク設計で決定されたスケジュールに従って、実際に機器を設置したりケーブルをつないでいく作業を行います。規模にもよりますが数か月にも及ぶこともあることや実際に機器やケーブルに触れる機会が多いためネットワークエンジニアの最も大きなやりがいを感じられる業務といえるでしょう。

3.ネットワークの運用

ネットワークは構築したら終わりではなく、顧客の環境変化に合わせて適宜運用していかなくてはいけません。具体的には顧客のパソコンの数に合わせて機器やケーブルを増減したり、機器の更新作業、ユーザーのアカウント情報の更新などを行っていきます。

 

ネットワークエンジニアのスキルや経験年数に応じて次項の保守も同時に行っていくこともあります。

4.ネットワークの保守

保守はネットワークが切れてしまわないよう、24時間365日監視を行っていく業務です。障害が発生した場合、すぐに現地に赴き原因をつきとめ、故障機器の交換や工事業者への連絡などを行います。

 年代別・ネットワークエンジニアの年収の目安

ネットワークエンジニアの年収は大体どれくらいになるのでしょうか。


ITエンジニア派遣会社のパーソルテクノロジースタッフによると、平均年収は650万~800万円程度であり、他のエンジニアよりも年収が高い傾向にあります。ただしこれは、キャリアやスキルが高く評価された場合です。

 

また、年代別に見てみると30代で平均470万円、40代で550万円、50代で590万円というのが一般的なようです。

 

これらの情報から考えるに、スキルの高いエンジニアは、単純な年代別平均よりはるかに多くの収入を得られていて、逆に知識の浅いエンジニアが平均を下げていると言えます。

ネットワークエンジニアになるため、スクールに通うべき理由

では、スキルの高いエンジニアになるにはどうすればいいのでしょう。それはずばり「スクールに通う」ことです。

 

スクールに通うことで効率よく技術を学ぶことができ、結果として他の同年代エンジニアよりも安定して高収入を得ることができるのです。

未経験でも就職・転職できる時代は終わる!質の高いネットワークエンジニアが勝つ

以前は、IT業界は常に人手不足で未経験でも就職・転職しやすい業界だと言われていました。しかし、近年の不況もあって現在では「人材育成にかける時間・お金が出せない」「最先端の知識がある人に即戦力として活躍してもらいたい」と考える企業が増えてきています。

 

また、今後さらなる不況があったとしてもレベルの高いネットワークエンジニアは生き残れる可能性が非常に高いです。そのため、少しでも早く技術・知識を付けることが大事なのです。

無料・独学でも勉強しても体系だった理解ができず結局浅い理解しか身につかない

知識は、スクールに通わなくても最近はProgateなどの優れたオンライン学習サイトである程度は習得することが出来ます。

 

しかし、高度なネットワークエンジニアに求められるスキルはHTML、CSSといったユーザーの目に触れる部分(フロントエンド)だけではなくJavaScript、PHP、Python、Rubyといったユーザーの目には見えづらい部分(バックエンド)の部分も必要です。

 

それらを体系的に学習するには独学では難しく、いざ現場に出たときにそれぞれの知識はあるのに応用が利かないエンジニアになってしまうのです。

 

そこで、表面的な知識ではなく、現場に出てハイスペックで活躍できるためのおすすめのネットワークエンジニア用のスクールを紹介したいと思います。

ネットワークエンジニアになるためのスクール

前述したように「フロントエンド、バッグエンドを体系的に効率よく学べるスクール」を紹介していきたいと思います。主に、ネットビジョンアカデミー侍エンジニアTECH::CAMP3つのスクールがおすすめです。

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは、「全くの初心者だけどIT業界に興味がある!」といった方に向けた就職支援サービスです。

 

ネットワークエンジニアの会社が母体になっているため、講師はすべて業界の経験者です。そのため、ただの試験対策だけではなく、業界に入ってからの技術・知識の活かし方などを教えてもらえます。

 

ネットワークエンジニアに必須の資格であるCCNAの合格率95%以上、就職率は98%と優れた実績を残しているのも特徴です。興味ある方はネットビジョンアカデミーへ資料請求をしてみましょう。

料金について

ネットビジョンアカデミーはすべて無料で受講することが出来ます。これは就職先の企業から支援金をもらうことで運営しているためです。

 

また、地方出身者のための上京サポートもあり提携のシェアハウスに最大2ヶ月無料で住むことが出来ます。

スクール在籍期間について

スクールの在籍期間は2ヶ月で、1ヶ月目に研修、2ヶ月目に就職活動という流れになっています。初めに資格を取得してから転職活動に入るため、スキルを求める優良企業に採用されやすくなっています。

侍エンジニア

侍エンジニア日本初のマンツーマン専用プログラミングスクールです。マンツーマン指導なので、自分のペースでじっくり進めることが出来るのが特徴です。

 

また、オリジナルのWebサービスを開発するカリキュラムもあるのでポートフォリオに実績として掲載できるメリットもあります。受講料は分割払い(24回)で月2,833円~となります。

テックキャンプ

テックキャンプは未経験者専用のプログラムが用意されているスクールです。就業中の方のために教室に通う以外にもオンライン教育に力を入れているのが特徴で、平日昼間はオンラインで学習し、平日夕方・土日は通学して学習するといったことが可能です。

 

受講料は分割払い(24回)で月35,000円になります。興味ある方は10秒で登録完了!TECH::CAMPオンライン説明会へどうぞ。



まとめ

今回、ネットワークエンジニアになるためにおすすめなスクールを3つ紹介させていただきましたが、おススメなのは無料で受講できるネットビジョンアカデミーです。

 

しかし、残り2つのスクールもそれぞれ特徴があり自分に適した部分もあるかと思いますので、一度体験授業や資料請求をして比較してみるといいでしょう。興味ある方はネットビジョンアカデミーへ資料請求しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました