宅建士(宅地建物取引士)取得のためのおすすめスクール比較!

資格試験
将来に備えて、思い切ってマイホームを買おうかしら

 

人生のターニングポイントの一つに、「マイホームの購入」という項目が存在する人は少なくないでしょう。

 

マイホームは、非常に高い買い物であると同時に、その後の人生を左右する要素の一つです。

 

もし、「契約書の内容の意味が分からなくて、そのまま判子を押してしまったけど、実は騙されていた…」、大事な買い物を失敗してしまった場合、目も当てられませんよね。

 

お任せください。私たち「宅建士」の出番です

 

そんな時、登場する職業が「宅建士」です。

 

「宅建士」は宅地や建物の取引を行う際に登場する、プロの助っ人です。

 

マイホーム購入の際には、ぜひ相談相手に選んでいただきたい相手であり、もし「宅建士」の資格を自分で保有していたら、こんな時でも安心ですよね。

 

けれど、専門用語が難しく、高い専門知識が要求される「宅建士」の試験の難易度は高いというイメージを抱かれる人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、「宅建士」という資格とともに、試験の難易度や合格率、そして「宅建士」になるためのスクールのご紹介を行っていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建とは?

宅建士」は、「宅地建物取引士」の略称です。

 

「宅建士」は、先程述べたように、宅地や建物の取引を行う際に登場し、契約や購入を考えている土地に対して、アドバイスを行うことができます。

 

宅建士の業務は、「重要事項の説明」を行うことにあります。

 

不動産に関わったことが無い人にとって、宅地や建物を購入する際に、契約書の内容は専門用語が多く、意味を理解した上でスラスラ読むことは難しいでしょう。

 

たとえば、「瑕疵(かし)」という単語をご存じでしょうか?

 

もし、物理的瑕疵がある建物を購入してしまった場合、地盤がゆがんでいる、なんてこともあり得ます。

 

そんな時、「そんな物件だなんて知らなかった…」と購入者が、購入した後に思っては、不利益を被ってしまいますよね。

 

そこで、不動産取引の際には、必ず宅建士に「重要事項の説明」を行ってもらい、宅建士は自身が行った重要事項の説明に対して、「記名」と「押印」を行うことで、その説明に責任を持つ、という仕組みが出来上がっています。

宅建資格取得後の年収の目安

それでは仮に、自身が「宅建士」となった場合、年収はどのくらいとなるのでしょうか。

 

宅建士の平均の年収は500万前後の、450万~600万程度と言われています。

 

けれど、「宅建士」は専属の「宅建士」というよりも、自身に対する付加価値である、と考えた方が良いかもしれません。

 

例えば、不動産会社の営業担当者が、「宅建士」の資格を保有していた場合自身で重要事項の説明を行うことができます。

 

不動産業の営業の年収は高く、1000万円を超える人もざらにいます。

 

このように、職種によって宅建士の年収には大きく開きがあることが特徴です。

 

また、安定的な収入源として、顧問企業を増やすことも重要と言えるでしょう。

宅建の試験の難易度とスクールに通うべき理由

宅建の試験の難易度と受験科目について

資格取得を目指したいとき、壁として立ちはだかってくることは、やはり試験でしょう。

 

ここでは、宅建士の受験科目や難易度を説明します。

 

宅建士の試験は、50問のマークシート方式が取られており、その出題分野は、以下の7つの分野からと定められています。

  • 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
  • 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
  • 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
  • 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
  • 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
  • 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
  • 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

不動産について、幅広い知識が問われ、もちろん税や法令に関することがらも問われます。

 

宅建士の受験者数は20万人を超えることに対し、合格者は3万人程度であるため、合格率15%程度と言えます。

 

論文式の回答は求められないものの、それに対して合格率は低めと言えるでしょう。

宅建の資格に合格に必要な平均勉強時間について

それでは、宅建士の資格合格のために、必要な平均勉強時間は、どのくらいなのでしょうか?

 

宅建士の資格合格までの勉強時間は100時間~500時間と言われています。

 

全くの初学者で500時間効率的な勉強方法を取った強者の中には100時間で合格した、という人もいます。

 

平均的に300時間程度は必要と考えてよいでしょう。

 

けれど、働きながら、家事をしながら、資格を取得したい人にとって、時間を捻出することが最大の課題ではないでしょうか?

 

スクールで宅建士を目指す場合、短期集中で合格を目指すことができます

宅建に合格するにはスクールがおすすめ

先程も述べたとおり、宅建士の資格取得のためには、膨大な時間が必要です。

 

受験科目が多く、参考書も多くあるものの、専門用語が難しく、理解が大変で時間がかかります。

 

時間短縮のため、スクールに通う方が効率的に宅建士の勉強を行うことができます。

宅建の試験に合格するためのスクールの比較

ここで、宅建士の合格実績があるスクールとして、以下の4つをご紹介します。

  • 資格スクエア
  • LEC東京リーガルマインド(LEC)
  • STUDYing
  • 資格の学校TAC(TAC)

また、資格スクエアLEC東京リーガルマインド(LEC)STUDYing資格の学校TAC(TAC)の、金額、合格実績、オススメ度を下の表にまとめました。

 

スクール名金額合格実績オススメ度
資格スクエア77,000円(税込)1位
LEC143,000円(税込)合格率 75.1%3位
STUDYing18,500円(税別)2位
TAC196,000円(税込)2019年合格者数 1285名4位

それでは、各スクールについて説明していきましょう。

資格スクエア

まず最初にご紹介したいスタイルがこちら、「資格スクエア」というオンライン学習サービスです。

 

「資格スクエア」の魅力は、独自のメソッドにより導き出された、合格のための最短かつ、最適な勉強法を提案してくれます。

 

宅建士の講座も例外ではなく、「合格に必要な知識」を徹底に身に着けることに重点を置いています。

 

また、料金設定が非常にリーズナブルであり、キャンペーン期間中は通常価格から3万円程割引が発生することもあります。

 

最大限自学学習を支援する、というスタイルを貫き、受講者にとって、資格取得を目指しやすい環境を提供してくれます。

 

また、経験豊富な講師による講義の動画も大きな魅力の一つです。

 

まずは、無料で提供されている講義動画を体験してみてはいかかでしょうか?

資格スクエアの申し込みはこちら





料金について

宅建2020未来問合格パック【2021年サポート付】 77,000円(税込)
また、キャンペーン期間中は、破格の44,800円(税込)で同サービスを提供しています。(上記キャンペーンは2020年9月末まで)
情報のチェックを欠かさずに行い、低コスパで、効率的な勉強法を手に入れて行きましょう。

スクール在籍期間について

宅建2020未来問合格パック【2021年サポート付】の視聴期限は2021年10月末となっています。

 

全体として、約100時間の講座内容となっており、スキマ時間を見つけて学習ができるスタイルもなっています。

口コミ

資格スクエアの口コミを調査してみました。

https://twitter.com/15manolchan/status/1250003238423629824

なんと、無料登録を行うだけで、「未来問」に挑戦できるとのことです。

 

「未来問」とは、過去問をAIに学習させることで、今年度の出題問題を予測したものであり、なんと的中率は78%にも上ります。

 

e-learning大賞」において、「優秀賞」を取得した実績もあります。

 

ぜひ、まずは気軽に無料登録から行ってみてはいかがでしょうか。

資格スクエアの申し込みはこちら


LEC東京リーガルマインドについて

次にご紹介する、「LEC東京リーガルマインド(LEC)」は、資格の総合スクールです。

 

法律からビジネス、労務、福祉関係といった、幅広い分野を網羅しており、「宅建士」のための講座も開設されています。

 

資格取得のためのスクールとして、多くの人が利用しており、合格率75.1%という、非常に高い割合となっています。

 

沢山の合格者を送り出してきたスクールとして、お墨付きであることは間違いないでしょう。

 

LEC東京リーガルマインドHPはこちら





料金について

プレミアム合格フルコース(通信) 154,000円(税込)

LECは、受講者のスタイルに合わせたコースを提供しているため、上記の料金は一例です。

 

また、条件に応じて各種割引も行っているため、ぜひチェックしてみてください。

 

2020年11月末まで上記コースは、115,500円(税込)となっているため、購入を検討している方はお見逃しなく。

スクール在籍期間について

プレミアム合格フルコースの内容は全78回となっています。

 

また、コースのスケジュール感は約1年となっています。

口コミ

LECの口コミを調査してみました。

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1309659058861826048

積み上げられたデータから、模試試験の実施なども行っているようです。

 

受講者数や合格者数の多さは、LECの魅力の一つでしょう。

LEC東京リーガルマインドHPはこちら


STUDYingについて

「STUDYing」は、圧倒的な低価格料金で、学びやすい環境から提供してくれる、学習サービスです。

 

スキマ時間」で気軽に学習を行うことができるように、気軽に視聴することが出来る、30分程度の講義動画の配信を行っており、記憶定着のためのスマート問題集も提供しています。

 

また、最小限の努力で合格レベルに到達することができる、セレクト過去問集も魅力的です。

 

バランスの取れたインプットとアウトプットを繰り返させることで、効率的な勉強法を、リーズナブルな値段設定で提供しています。

 

Studyingの資料請求はこちらト

宅建

宅建

料金について

宅建士合格コース[2020+2021年度試験対応] 18,500円(税別)

STUDYingで驚くべき点は、この料金設定です。

 

運営コストをギリギリまでカットすることで、魅力的な教育費を実現させています。

スクール在籍期間について

受講期限が各年度存在し、2020年度版は、2020年10月31日まで、2021年度版2021年10月31日までとなっています。

 

もし、受講開始年度に合格ができなくても、次の年の講座にアップグレードできる仕組みとなっています。

口コミ

STUDYingの口コミを調査してみました。

竹原先生のアドバイス通りに勉強を進めていくことにより、試験の全体像・キーポイントとなるところ・きっぱり捨てるところの見極めがついた。過去問はよく考えられてセレクトされており、これを理解しながら繰り返し解くことにより自然に身に付いた。宅建士講師について(竹原健先生)の口コミ YTさん
近年現在のスタイルを定着させた、STUDYingは、注目を集めてきています。
低価格と、講義の分かりやすさから、リピーターが多いことも特徴の一つです。

資格の学校TACについて

資格の学校TAC(TAC)もLEC同様、会計、法律、不動産や医療関係と幅広く、資格取得のための通信教育を幅広く行っている、資格の総合スクールです。

 

宅建士も例外ではなく、長年にわたり蓄積されたメソッドから、2019年度は1285名合格者を輩出するなど、合格実績は間違いありません。

 

頼れる講師陣による、戦略的なカリキュラムで効率的な学習をすることがで、アフターフォローもバッチリのスクールです。

資格の学校TAC公式HPはこちら

料金について

総合本科生SPlus 196,000円(税込)

TACの魅力の一つは、多彩なコース選択性であることもあり、上記はコースの一例です。

 

また、10月末までは早期割引が適用されるため、156,800円(税込)で同コースを受講することができます。

 

興味がある方はぜひお早めに。

スクール在籍期間について

スクール在籍期間は約1年を想定されています。

 

他にも2カ月と言った、超短期コースも存在します。

口コミ

TACの口コミを調査してみました。

長年培われたメソッドから、教材としての魅力の高さも伺えます。

まとめ

今回は、「宅建士」について、「宅建士」の資格取得のためのスクールをご紹介してきました。

 

まず、「宅建士」は今の職業のプラスワンとして、生活のための知識として受講することをオススメします。

 

「宅建士」に対する、特別な手当てがある企業も存在するため、年収アップのために取得を目指してみても良いでしょう。

 

また、「宅建士」のスクール選びのコツとして、スキマ時間に無理なく学習ができること、ある程度スクールとしてのメソッドを確立していることを観点にすることが大切でしょう。

 

資格スクエア」の「未来問」は、スキマ時間に効率的な学習ができ、e-ラーニングの教材としても評価が高く魅力的です。

 

人生設計の一つとして、「宅建士」を目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました