アメリカの公認会計士になるには!アビタスなどUSCPA取得のためのスクールを比較してみた

資格試験

公認会計士って、なるのもなり続けるのも本当に大変。。。

 

公認会計士になるための道のりは長く、公認会計士になった後も、日々勉強しなければいけないことに、ストレスを感じる人はいませんか?

 

皆さんはUSCPA(U.S. Certified Public Accountant)こと、「米国公認会計士」という、国際資格をご存じでしょうか?実は、この資格は公認会計士よりも手軽に取得でき、かつ、昇進にもいいというかなりコスパの良い資格です。

 

現在、活躍の場を世界各国に広げた、ビジネス資格として、広く認知がされているとともに、専門的分野の中で、自身の価値を高める資格としても、徐々に人気が出てきています。

 

そんな米国公認会計士(USCPA)を、日本でも簡単に受講できるスクールがあります。今回は、米国公認会計士(USCPA)の有用性を紹介するとともに「Abitus(アビタス)」ら米国公認会計士(USCPA)を取得するために必須なスクールを比較していきいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも米国公認会計士(USCPA)の仕事とは?

魅力的な「米国公認会計士(USCPA)」ですが、そもそも、どういった仕事か疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。

 

米国公認会計士(USCPA)は、米国の各州が認定する、公認会計士の資格です。

 

アメリカの税法に基づいた会計業務を行う場合、米国公認会計士(USCPA)が必要となります。

 

主な仕事内容としては、法人税や、個人所得税の申告といった会計業務、また、企業経営に関するコンサルティングを行う場合もあります。

公認会計士とUSCPAの違いについて

一般的な「公認会計士」と米国公認会計士(USCPA)では、仕事の範囲が異なります。「公認会計士」は、日本の企業に対して、監査など業務を行う、会計のスペシャリストです。

 

公認会計士は、アメリカの会計基準の企業に対しては、独占業務を行うことが出来ません。

 

反対に、米国公認会計士(USCPA)は、アメリカの会計基準の企業に対して、独占業務を行うことができ、日本の企業に対しては、独占業務を行うことができません。

 

自分の活躍の場を、どこに設けたいかは、取得選択時の大きなポイントの一つでしょう。

日本で米国公認会計士(USCPA)を取得する意味

それでは何故、日本で米国公認会計士(USCPA)は注目されているのでしょうか。

 

グローバル化が進む今日、国際的企業が日本にも多く存在しています。つまり、米国公認会計士(USCPA)は、国際的企業の経理財務職につくためには、必須の資格と言えます。

 

また、米国公認会計士(USCPA)を所有していれば、CFO(最高財務責任者)などの、管理職としての活躍の場も期待することができます。

 

つまり、社内の地位のステップアップという点でかなり優遇される資格と言えそうです。明らかにTOEICの990点をとるよりか楽でかつ昇進できるコスパのいい資格と言えそうです、

米国公認会計士の給与実態とは?

資格取得の目的の一つとして、給与を現状よりアップしたい、と考える人も多いのではないでしょうか。では、米国公認会計士(USCPA)を取得してどれくらい稼げるのか、データを用意しました。

 

下記は、米国公認会計士(USCPA)の年収と業種、社会人歴のです。

 

社会人歴業種年収
2年程度メーカー350万程度
3年程度IT430万程度
3年程度外資メーカー400万程度
5年程度監査法人550万程度
5年程度IT450万程度
6年程度監査法人450万程度
6年目監査法人650万程度
8年目監査法人750万程度
9年程度監査法人残業により1000万いくか
10年目監査法人750万程度
10年目監査法人800万程度
12年目監査法人1200万程度
12年程度監査法人1000~1100万程度
13年程度監査法人1000~1100万程度
14年程度外資ベンチャー1500万~
15年程度監査法人1000万程度
20年程度監査法人1200万以上
20年程度銀行1000万程度

社会人歴には左右されるようですが、10年目を迎えたあたりから、年収1000万円を超える人が多く見られます。

 

通常のサラリーマンをしながら1000万円を稼ぎ続けるというのはなかなか至難といえるなか、この資格を保有すると稼げるという点でかなりお得ですね。

 

また、実力次第では、それ以下の年数でも、米国公認会計士(USCPA)は、十分年収1000万超えを視野に入れることができる資格と言えます。

米国公認会計士(USCPA)の試験内容は

米国公認会計士(USCPA)の試験内容は、受験する州によって、内容が異なります。

 

難易度はどの州を受験しても、変わりはないですが、受験資格は受験する州によって異なります。

 

また、米国公認会計士(USCPA)となるために、試験への合格に加え、実務経験も必要となるため、注意が必要です。

 

試験内容は、「財務会計(FAR)」・「諸法規(REG)」・「監査及び証明業務(AUD)」・「ビジネス環境及び諸概念(BEC)」の4科目があります。

 

会計士としての基礎知識が問われる問題も多く、1科目毎の受験が可能であるため、試験合格は比較的に難しくないと言われています。

試験に合格するにはスクールで勉強するのが結局は近道

米国公認会計士(USCPA)を受験するにあたって、独学はほぼほぼ難しいため、スクールに通学することが、一番の近道と言えます。

 

それでは、米国公認会計士(USCPA)になるためにオススメのスクールはどこか、日本でUSCPAの資格を取得できるスクールについて比較してみたいと思います。

米国公認会計士になるためのオススメのスクールとは?比較表つき

数あるスクールの中で、学校選びには時間をかける、という人はいませんか?正直、いちいち調べるのは手間です。そこで、米国公認会計士(USCPA)を取得できる「Abitus(アビタス)」「TAC」「資格の大原」、3つのスクールを比較してみました。

 

結論として以下の表になります。

Abitus(アビタス)TAC資格の大原
合格実績3953名(2020年5月)
期間9か月1年標準学習期間 12ヶ月
金額USCPAプログラム ライトパック563,500円(税込)総合本科生 Web通信講座 545,000前期入学 フルパックコース
映像通学 521,400
USCPAプログラム フルパック763,000円(税込)総合本科生Plus Web通信講座 565,000円前期入学 フルパックコース Web通信 499,400円

 

これを元に、スクールの口コミを含めて比較していきたいと思います。

Abitus(アビタス)

「Abitus(アビタス)」は、米国公認会計士(USCPA)取得の専門スクールです。米国公認会計士ならアビタスと言われるほどの米国公認会計士(USCPA)に特化したスクールです。

 

オリジナル教材の使用や、学習環境に対する幅広いサポート、受講者のニーズに応えるスクールとして、米国公認会計士(USCPA)取得のための人気のスクールです。

 

詳細情報は以下の通りです。

合格実績3953名(2020年5月)
期間9か月
金額USCPAプログラム ライトパック563,500円(税込)
USCPAプログラム フルパック763,000円(税込)

 

プロの講師によるポイントを抑えた講義は、なるべく効率良く必要最低限の“省エネ学習”で合格したい私にはぴったりでした。また、スタッフの信頼できるサポート体制も、働きながら学習と受験や渡航の準備を進めなくてはならない社会人にとって、精神的にも大きな支えになりました。 (Aさん:HPより)

 

TACについて

次に「TAC」についてご紹介します。TACは各種国家試験合格を目指す、公認会計士・税理士・日商簿記検定等の総合的な資格のスクールです。様々な業種の資格の勉強をしている仲間と出会えるのが魅力です。

 

期間1年
金額総合本科生 Web通信講座 545,000円
総合本科生Plus Web通信講座 565,000円

 

全科目に共通して、直前対策まとめがとても分かりやすく、試験前の復習に役立ちました。試験に重要な部分が網羅されていて、試験前は問題集と直前対策まとめのみを使って勉強していました。講師の方々は皆、試験を非常によく分析していると感じました。試験の傾向に合わせて解説してくださったので、対策しやすかったです。 (Kさん:HPより)

TACについてはこちら

資格の大原

最後に「資格の大原」についてご紹介します。これもまた総合的な簿記を中心とした専門学校です。

 

期間標準学習期間 12ヶ月
金額前期入学 フルパックコース 映像通学 521,400円
前期入学 フルパックコース Web通信 499,400円

 

私は英語が得意で、かつ米国公認会計士試験は英語で出題されるので、なるべく英語で勉強したいと思っていました。大原の講義は、英語の割合が多く、自分の強みと講座が一致していたので、大原を選びました。。 (Lさん:HPより)

資格の大原についてはこちら

アビタス・TAC・資格の大原を比較してみて

3つのスクールを比較してみて、資格の大原のWEBコースが最安値です。値段だけをみるなら資格の大原に申し込むといいでしょう。

 

ただし、合格実績が出ているのは3スクールのうちアビタスのみです。他のスクールはUSCPAの説明はあるものの実際の合格者数は触れられていません。

 

米国公認会計士を取得する理由がご自身の昇進、スキルアップのためという一種の投資目的であるならば、変な知名度よりも実績で判断したほうがいいでしょう。そして、アビタスは実際に3000人以上を合格させているという実績があります。しかも9ヶ月という比較的短期間で実績をあげられるプログラムをくんであるのでコスパの面からも効率は良いでしょう。

 

日本ではまだまだそれほど有名でないUSCPA(米国公認会計士)を取得するなら、総合的な資格のスクールよりも、実績のあるUSCPAに特化したスクールに行くべきでしょう。

 

米国公認会計士ならアビタス。

まとめ

米国公認会計士(USCPA)についてご紹介しました。

 

公認会計士の方の、新たな勉強の目標のラインとして、また、スキルアップのために、資格取得を目指したいという方の一つの選択肢として、米国公認会計士(USCPA)は、今注目の国際資格です。

 

米国公認会計士(USCPA)を目指す場合、「Abitus(アビタス)」などのスクールに通って、効率的に資格取得を目指すと良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました