【レビューあり】声優になるにはどのスクールがいいの!?声優のスクールを徹底比較&分析

学校紹介

近年、声優になりたい人たちが一気に増えています。

 

声だけで人を感動させられたりしてすごく素敵な仕事!

 

声優になるためには中学生、高校生から動いたほうがいいの?声優になりたいけどどこに通えばいいの?そういった悩みにぶつかることがあるかもしれません。

 

本記事では、声優に本気でなりたい人のために、専門学校や養成所、スクールの手段を比較分析をします。ちなみに、結論を先に言うと、声優になる最善は「声優のためのスクールに通うこと」です。

 

でも、スクールといってもいっぱいあるよなぁ。。

そこで、声優になるとしてスクールに通うとしても有名どころのスクールはどのような特徴があるのか「総合学園ヒューマンアカデミー」「アミューズメントメディア総合学院」「インターナショナル・メディア学院」についてレビューとともに比較をしてみました。

 

これらを参考にしてぜひあなたの夢をつかんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

声優になりたいけどなれる!?声優になるためには中学生や高校生から動こう

声優になりたいけど、どうすればいいのかな…

 

声優総合情報誌「声優グランプリ」が発行している声優名鑑によると2020年には声優の数は1,500人を超え、これは創刊時(2001年)の約4倍になっています。

 

一方で、専門学校やスクールに通う声優志望者は年間約3万人おり、そこから事務所に所属できる新人声優は200人ほどです。

 

つまり、まず声優というスタートラインに立つまでに約1%の競争を乗り越え、さらに声優として生活していくには一緒にデビューした新人200人やすでに活躍している先輩たち1,500人と戦っていかなくてはならないのです。

 

それでもやっぱり声優に本気でなりたい!

 

それだけの決意や覚悟があるのであればなるべく早い段階、親の理解が得られれば中学生・高校生の頃からスクール等に通うのがベストでしょう。

 

次の項からは、声優になるためにどんな方法があるのか紹介していきます。

声優になる効率的な方法〜スクールに通おう!

そもそも声優になるためには次の方法があります。

  1. 独学で学ぶ
  2. 養成所に通う
  3. 専門学校に通う
  4. スクールに通う
  5. 大学に通う

独学で学ぶ

書店に行くと「声優になるためには」とか「ボイストレーニング」といった書籍が並んでいることがありますが、それを読んで自分で学習する方法です。

 

しかし、近年は声優に求められる技術が多様化、高難易度化していますのでひとりでやるにはやや厳しいかと思います。また、オーディションも一般公募のオーディションを中心に受けることになるかと思いますが、学校に通えば学校内オーディションなど受ける幅も大きく広がるので独学はあまりお勧めしません。

養成所に通う

養成所は声優になりたい人を養成する専門機関です。母体が事務所になっている養成所も多い為、そのまま事務所に所属できる可能性も高いです。

 

ただし、入所するためにオーディションが必要など初心者がいきなり入るのは難しいかもしれません。

専門学校に通う

専門学校は学校法人を取得した学校がレッスンを行ってくれる場所です。学校法人なので履歴書などに学歴として書くことが出来ます。

 

レッスンも全日制でしっかり教えてくれますが、学校法人ゆえに講師に呼べる声優やカリキュラムなどに限りがあるのが欠点です。

スクールに通う

基本的に専門学校と同じように毎日しっかりと教えてくれる機関です。学校法人は取得していませんが、それ故に縛りのない独特のカリキュラムやゲスト声優を招いたりと楽しみながらスキルを向上させることができます。

 

個人の状況によりフィットした形で導いてくれるのでスクールという選択肢はかなりアリだといえるでしょう。

大学に通う

一部の大学には演劇科のような芝居を学習する学科があります。しかし、声優になるためのスキルを専門に学べるわけではなく、学問としての演劇だったりする場合もあります。

 

以上の5点を比較すると毎日しっかり学べてスキルアップのためのプログラムがきちんとしているスクールに通うのが一番と本記事では考えています。

声優になりたい人はどのスクールがいいの?レビュー&おすすめ比較 

それではどのようなスクールに通ったほうがいいのでしょうか。

ここではメジャーな3校に絞って値段、コース、実績、口コミなどを見ていきたいと思います。

総合学園ヒューマンアカデミー

総合学園ヒューマンアカデミーで、声優になるためのコースは「パフォーミングアーツ 声優専攻」です。ここの一番の特徴はプロダクションとの太いパイプを活かして年間350回以上のオーディションを行っているところです。

 

また、選抜された学生だけでなく希望するすべての学生に平等に参加資格が与えられているのも魅力の一つです。特に1~2月に行われる約40~60社の外部プロダクションが来校する「ドラフトオーディション」では、対策として10月から模擬オーディションなどを行っています。

 

値段年間140万程度(公式HPに記載なし、口コミ等より参考)
コースパフォーミングアーツ 声優専攻
実績(卒業生)熊谷健太郎:アイドルマスター SideM(握野英雄)
小原好美:かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(藤原千花 )
村川 梨衣:Re:ゼロから始める異世界生活(ラム)
他多数

主な口コミ

 

地方に住んでいても、有名声優の方の声優ワークショップなどが開催され、しっかりとした講義が受けられます。

最初は入学生を集めるだけのイベントかと思ってはいたのですが、定期的に特別レッスンもありますし、講師の方も現役声優や俳優の方がいるなど、充実していますよ。

子どものころから声優になる夢を持っていましたが、やはり学費や親の反対などのため半ばあきらめていました。

社会人として働き、ある程度貯金もできたことや、夢をどうしてもあきらめたくないと思っていました。

全日制だけではなく夜間に学べるコースもあり、仕事をつづけながら学べると知りヒューマンを選びました。

正直とても大変ですし、厳しい面もありますが、講義は充実していますしよいと思います。

あまり礼儀などについては知識がなかったため、マナーという点で苦労しました。挨拶一つにしてもしっかり指導されるので、普段あまりマナーなど気にしたことがない方からすればちょっと厳しく感じてしまうかもしれません。

将来的に絶対に業界でも役立つことなので、厳しく指導してもらったことを感謝しています。

声優の資料請求はこちら

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院では75社以上のプロダクションをエントリー制限なしで受けられるという強みがあります。

 

しかも合同オーディションではなく1日1社でじっくりと個人を審査してくれます。また、インターンシップとして在学中にプロの現場を体験することができ、その経験をオーディションで活かせます。

値段初年度128万円 2年次118万円
コース声優学科(2年制)
実績(卒業生)伊藤かな恵:しゅごキャラ!!どきっ(日奈森あむ / ダイヤ)
柿原徹也:天元突破グレンラガン(シモン)
中川亜紀子:金田一少年の事件簿(七瀬美雪)
他多数





主な口コミ

実力のある講師が揃っていて、高いレベルで学習できたので概ね満足でした。

一つだけ問題点をあげるとしたら、講師によって演技に対する考え方が違うため、柔軟に対応していくのが大変でした。

 

 

私の高校時代の友人に声優になりたいという方はいなかったけど、

アミューズメントメディア総合学院声優学科では色々な目標に向かって頑張っている方が多かったので雰囲気は良好でした

夢を夢で終わらせない!
声優、ゲームアニメーション、3DCG漫画、ノベルズ作家になるならアミューズメントメディア総合学院

資料請求はこちら


インターナショナル・メディア学院

インターナショナル・メディア学院は週1(小中学生は月2)のコースとなっています。通常の学校と併用しながらスクールにも通いたいという人におすすめのスクールです。

 

ここは、声優の堀川りょう氏(ドラゴンボールシリーズ「ベジータ」、名探偵コナン「服部平次」など)が学院長であり講師でもあるスクールです。

 

実践的なカリキュラムを強みとしておりレッスン内容も現場で役に立つスキルを中心に行っています。また、講師陣も現場で活躍するプロで、レッスン中に目に留まれば即デビューといったこともあるそうです。

値段入所金108,000円+43,200円(ベーシックコース月謝)
コース声優ベーシックコース、声優アドバンストコース等
実績(卒業生)松井恵理子:アイドルマスター シンデレラガールズ(神谷奈緒)
鈴木愛奈:ラブライブ!サンシャイン!!(小原鞠莉)
影山灯:干物妹!うまるちゃん(海老名菜々)
他多数

主な口コミ

3ヵ月に一度、プロダクション所属のためのオーディションがあるので、今まで一緒にレッスンをしていた人が、気が付いたらデビューしていたなんて言うことがあり、本当に気合が入ります。次は自分、と思ってレッスンに取り組めます。

ここはおすすめできませんね。月謝制で43,200円と言われればなんとなくしょうがないかという金額ですが、週一のレッスンだと思うと1回1万・・・某有名事務所の養成所より一回あたりの金額高いですよ。学費が高すぎです。

 

必ずテレビアニメに出演できる唯一の声優養成所【インターナショナル・メディア学院】/資料請求はこちら

【結論】声優になりたい人は、自分の特徴に合わせてスクールを決めよう!

以上のことから、特徴をまとめてみます。

  • 総合学院ヒューマンアカデミー:とにかくオーディションを受けて一日でも早くプロになりたい
  • アミューズメントメディア総合学院:在学中から機会があれば現場を体験したい
  • インターナショナル・メディア学院:学業と両立しながら実践的なスキルを身に付けたい

 

早くプロになってたくさん現場経験を積みたい、在学中にたくさんスキルを磨きたい、学業を通じて演技の役に立つ人生経験を学びたい…どれが一番良いかはそれぞれの考え方によるかと思います。

 

よく考えながら学校選びの参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました