進研ゼミ小学講座とスタディサプリ小学講座の徹底比較

オンライン受験サポート

学習内容や社会環境の変化で、小学生の頃から学校の教材以外で自宅学習するのはもはや当たり前になりつつあります。

 

ここでは、そんな自宅学習を子どもにとっては楽しく、保護者にとっては楽にするための教材である「進研ゼミこどもちゃれんじ」と「スタディサプリ」の小学講座について比較解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

進研ゼミ小学講座とスタディサプリ小学講座の比較ポイントまとめ

進研ゼミ小学講座スタディサプリ小学講座
対象学年1年生~6年生4年生~6年生
月額料金2,980円(税抜)~1,980円(税抜)
対応科目4科目(国・算・理・社)、英語、プログラミング4科目(国・算・理・社)
返金対応
学習方法紙もしくは専用タブレット自宅のタブレット・スマホ
学習スタイル教科書に準拠した学習学年に関係ない予習・復習
中学講座も追加料金無しで受講可

口コミや評判をまとめてみた

進研ゼミ小学講座の良い口コミ・悪い口コミ

子どもが勉強を終えると保護者にメールが届く仕組みになっています。これが保護者にとって安心感が得られると評判のようです。

 

歌やリズムゲームで楽しく暗記できるのはタブレットならではですね。

 

チャレンジタッチが終わったときだけでなく、取り組んでいないときにも保護者からアプローチできる仕組みがあると良かったという口コミがありました。

スタディサプリ小学講座・中学講座の良い口コミ・悪い口コミ

スタディサプリは講義形式の動画中心ですので、学校や塾の授業を聞く練習になりそうです。

 

講座形式の授業で大事なのは先生の質です。

 

スタサプは優秀なだけでなく個性的な先生が多く子どもたちを飽きさせない授業が展開されています。

スタサプは小4からなので低学年のコースがほしいという意見が多かったです。

【こどもちゃれんじはこちら】





 

進研ゼミ・スタディサプリの特徴

進研ゼミ小学講座の特徴

1.教科書に準拠した教材
申込時に学校を申請することにより、自動的にどの教科書を学校で使っているかを判断してくれ、教科書に合わせた内容のテキストを受講することができます。

 

ですので、学校の勉強が遅れがちな子の補習や、予習をしておきたい子にぴったりの教材になっています。

 

2.とめ・はね・書き順などの正しい漢字を学習できる
進研ゼミでは漢字の正しい書き方を重視していて、とめやはねなどを細かくチェックしてくれます。

これは、タブレット学習であるチャレンジタッチでも同様で書き順・字形を自動で判定してくれます。

また、アニメーションで書き方を学習できるのでひとりでも間違った覚え方をすることがありません。

 

3.ごほうびやゲームで学習をやる気にさせる
進研ゼミといえば課題を提出したらごほうびのおもちゃがもらえる、というのは昔からの定番ではないでしょうか。

 

それは今でも変わらず、子どもたちが欲しがるようなごほうびが多数用意されていて勉強への意欲を引き出します。

 

また、タブレットでは学習するたびにキャラクターが成長したり、ゲームが遊べたりするなどの工夫もされています。

【こどもちゃれんじはこちら】





スタディサプリ小学講座の特徴

1.一流の先生によるわかりやすい映像授業
スタディサプリの先生は一流予備校・塾での講師経験のある先生ばかりです。

 

わかりやすい授業を受けることにより学校や塾での授業を受ける練習にもなります。

2.すべての学年の映像授業を受け放題
月額料金変わらずですべての学年の映像授業が受けられます。

 

少し勉強が遅れがちな子には前の学年からしっかり基礎固めをし、逆に理解が進んでいる子は先の学年を予習させたりすることで、子どもにあった勉強スタイルを確立することができます。

 

3.保護者へのサポート機能
まなレポと呼ばれる保護者用管理機能があり、子どもの学習時間やドリル正答率などがひと目で分かるようになっています。

スタサプ小学生講座はこちら





進研ゼミ・スタディサプリの値段

進研ゼミ小学講座の値段

小学1年生コース
毎月払い月々3,680円(年間44,160円)
6ヶ月払い6か月分19,800円(月額約3,300円)
12ヶ月払い35,760円(月額約2980円)
 小学2年生コース
毎月払い月々3,680円(年間44,160円)
6ヶ月払い6か月分19,800円(月額約3,300円)
12ヶ月払い35,760円(月額約2,980円)
 小学3年生コース
毎月払い月々4,490円(年間53,880円)
6ヶ月払い6か月分25,200円(月額約4,200円)
12ヶ月払い44,880円(月額約3,740円)
 小学4年生コース
毎月払い月々4,980円(年間59,760円)
6ヶ月払い6か月分28,680円(月額約4,780円)
12ヶ月払い53,160円(月額約4,430円)
 小学5年生コース
毎月払い月々5,980円(年間71,760円)
6ヶ月払い6か月分34,500円(月額約5,750円)
12ヶ月払い63,840円(月額約5,320円)
 小学6年生コース
毎月払い月々6,440円(年間77,280円)
6ヶ月払い6か月分3,7140円(月額約6,190円)
12ヶ月払い68,760円(月額約5,730円)

※チャレンジ・チャレンジタッチとも同額

 

進研ゼミでは12ヶ月払いをするとかなりお得に受講できることがわかります。
しかし、高学年になるに従って月額料が高くなり後述するスタサプと比べて価格差が広がっていきます。

スタディサプリ小学講座の値段

小4,5,6、中学・高校講座
毎月払い月額1,980円(年額23,760円)
12ヶ月払い19,800円(月額1,650円)

スタディサプリはどの学年でも月額1,980円です。

 

さらに12ヶ月払にすれば月額1,650円相当になりかなり安く受講することができます。

途中退会・返金保証はあるのか

6ヶ月払いまたは12ヶ月払いにしたとき、途中退会・返金保証はあるのでしょうか

 

進研ゼミの場合

毎月の締切日までに連絡すれば所定の月号から中止することができます。

 

退会した場合には、受講月数に応じて受講費を計算し直し、返金されます。

 

ただし、受講は最短2か月からです。1か月のみの受講はできないので注意してください。

 

・スタディサプリの場合
退会した場合の返金額は「決済額−(月額料金×利用月数)」で計算されます。12ヶ月払いにしたときのみ返金され、毎月払いの場合は返金されません。

 

スタサプ小学生講座はこちら





進研ゼミ・スタディサプリはこんな人におすすめ

それぞれの特徴を見ていただいたところで、ではどっちを選べば良いのか?というお話をしたいと思います。

 

一言でまとめますと学校の補修」なら進研ゼミ、「学年を超えた学習」をしたいならスタディサプリとなります。

学校の補習なら進研ゼミ

勉強が苦手で学校の勉強についていけていない人なら進研ゼミ小学講座がおすすめです。

 

進研ゼミ小学講座は、学校で使っている教科書に準拠したカリキュラムになっており学校の勉強をサポートするのに最適です。

 

また、その日の学習を終えたらゲームができたり、毎月の課題を提出したらごほうびがもらえたりと勉強をやる気にさせる工夫がたくさんありますので、勉強習慣を身に着けたい人にもぴったりです。

【こどもちゃれんじはこちら】





学年を超えて先取り・復習したいならスタディサプリ

勉強の理解が進んでいる、もしくは前の学年から基礎固めをしたいなど学年を超えた学習がしたい人はスタディサプリ小学講座がおすすめです。

 

スタディサプリは月額1,980円で他の学年の解説動画も見られるので、中学校の内容を先取りしたい6年生や「算数の壁」と呼ばれるほど一気に難易度が上がる4年の範囲をもう一度学習したい5年生などにぴったりです。

 

また、月額料金が安いのもおすすめポイントの一つです。

 

スタサプ小学生講座はこちら





まとめ

いかがでしたか。最後にもう一度、それぞれの特徴をまとめてみます。

進研ゼミ小学講座スタディサプリ小学講座
対象学年1年生~6年生4年生~6年生
月額料金2,980円(税抜)~1,980円(税抜)
対応科目4科目(国・算・理・社)、英語、プログラミング4科目(国・算・理・社)
返金対応
学習方法紙もしくは専用タブレット自宅のタブレット・スマホ
学習スタイル教科書に準拠した学習学年に関係ない予習・復習
中学講座も追加料金無しで受講可

どちらも楽しく学習できるように工夫がされているものばかりですが、実際その子に合う合わないはあると思います。

 

幸い、どちらの教材にも無料体験がありますので体験してみて気に入ったほうを選んであげるのが一番かと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました