オンライン授業とオフライン授業の比較【進研ゼミ中学講座と別指導塾スタンダードを徹底比較】

塾・予備校紹介

中学生になって塾を考えてみたいけど、どこがいいのだろう。

小学生の時は、塾なんて考えたことがなかったけれど部活の合間を縫った定期テストや、高校受験など中学生には塾が必須…なんて考えている保護者の方は多いはずです。

 

ここでは、進研ゼミ中学講座と個別指導塾スタンダードを比較してみてどちらがおすすめか検討してみたいと思います。

 

 

進研ゼミ中学講座と個別指導塾スタンダードの比較ポイントまとめ

 

進研ゼミ中学講座個別指導塾スタンダード
オフライン(通塾)オンライン
料金5,980円~約11,800円~3,148円~
科目国・数・英・理・社国・数・英・理・社数・英・理
学習スタイル1回15分の勉強時間マンツーマンの個別指導LINEを使った個別指導
学習方法タブレットor紙通塾スマホ(LINE)

 

口コミや評判をまとめてみました

進研ゼミ中学講座の良い口コミ・悪い口コミ

 

テキストが単元別にコンパクトにまとめられているので、時間のない時はとても助かりました。添削課題のほかに実力模試もあって、力試しに最適でした。年に3回しかないので、もっとあっても良いと思います。

 

毎日15分という短時間で出来たので、辞めることがなく続けることが出来ています。テスト用の暗記ブックを使うことで、テストでもいい点数が取れた。

 

学校の授業の進み具合と、添削課題の進み具合が合っている場合は問題ないですが、ずれてしまっていたり、習う順番が違っていると大変でした。

 

個別指導塾スタンダードの良い口コミ・悪い口コミ

通塾タイプの口コミは以下のとおりです。

理解出来るまでわかりやすく説明してくれる。
講師が受験事情に詳しい。
毎回、講師が変わるので、指導方法がバラバラ。

 

入学金不要は大変ありがたいです。
テキストも持ち込みができるので費用がかからず、赤本を持参して受講します。

 

オンライン個別指導の口コミは以下のとおりです。

新しいアプリをダウンロードしなくていいし、特別な機材も必要ないから助かります。
ラインならいつも使っているし、娘もすぐに覚えてくれました。タブレットを購入しないといけないかな?と思ったけど、スマホでも十分に使えています。

 

 

解説の動画が送られてくる待ち時間が、結構あるようです。その間に違う問題を解いたりできるように改善してほしいですね。息子は待っている間にスマホを触ったり、ゲームの画面を開いたりしてるから心配になり

進研ゼミ中学講座と個別指導塾スタンダードの特徴

進研ゼミ中学講座の特徴

1.塾に比べて遥かにおトク
中学生の塾にかかる費用は公立中学校で月約1.7万円、私立中学校で月約1.2万円と言われています。

 

進研ゼミは月5,980円~となっており、遥かに安く受講することができます。

 

2.1回15分で学習できる
進研ゼミの学習は1回15分と短時間です。これは忙しい中学生がスキマ時間にできるようにという配慮と、集中力が途切れないようにと計算された時間になっています。

 

3.タブレットと紙が選べる
進研ゼミ小学講座と同様、中学生でもタブレット学習を選ぶことができます。

 

タブレットでは苦手分野を分析して学習範囲を最適化したり、動画やアニメーションでわかりやすい解説が見られたりと紙にはないメリットもたくさんあります。

 

もちろん、従来の紙のテキストを使ってしっかりとした学習環境を整えた中で勉強する方法も取ることができます。

 

個別指導塾スタンダード(通塾)の特徴

1.マンツーマンで効率的に学習できる
スタンダードは個別指導塾ですので、当然ですが個別に先生がついてくれます。

 

生徒が苦手としているところや、試験対策したいところを先生がしっかり把握したうえで学習計画を立ててくれます。

 

2.個別指導ながら安価な授業料
個別指導は授業料が高価になりがちですが、スタンダードは安価を実現しています。

 

先程も述べましたが一般的に集団塾に通塾すると月1.2~1.7万円かかると言われていますが、スタンダードはほぼ同じ価格で個別指導を受けられます。

 

個別指導塾スタンダード(オンライン)の特徴

1.LINEで自宅から個別指導が受けられる
LINEアプリを使いながらカリキュラムに沿って演習と解説を繰り返していきます。

わからないところがあればメッセージですぐに質問でき、疑問を残さず次に進めます。

 

2.気軽に始められる
従来の家庭学習教材だとタブレットを設定したり、添削問題を送付したりなどいろいろな手間がかかりますが、オンライン個別指導では持っているスマホを使うだけなのでお手軽です。

 

課題提出も写真を撮って送付するだけなので中学生でも簡単に使いこなせるでしょう。

 

進研ゼミ中学講座と個別指導塾スタンダードの料金

進研ゼミ中学講座の料金

進研ゼミ中学講座の料金は、学年ごと・支払い方法によって変わっていきます。

 

中学1年生コース
毎月払い月々6,980円(年額83,760円)
6ヶ月払い6か月分39,240円(月額約6,540円)
12ヶ月払い71,760円(月額約5,980円)
 中学2年生コース
毎月払い月々7,190円(年間86,280円)
6ヶ月払い6か月分40,680円(月額約6,780円)
12ヶ月払い73,320円(月額約6,110円)
 中学3年生コース
毎月払い月々7,980円(年間95,760円)
6ヶ月払い6か月分45,120円(月額約7,520円)
12ヶ月払い82,680円(月額約6,890円)

 

個別指導塾スタンダードの料金

スタンダードの料金は、統一された値段ではなく地域や時間によって異なっています。

 

ここでは、東京の教室を例に紹介していきます。

中111,800円
中213,000円
中313,000円

※1コマ75分授業
※別途運営費が必要です。
※テスト前に授業を追加することもできます。
※HOMEスタディなど教材費は含まれておりません。

オンライン個別講座の場合、月額料金は以下のようになります。

中13,148円
中23,348円
中34,056円

※別途消費税がかかります。
※HOMEスタディ費、システム料は上記の金額に含まれておりません。
※上記は週1回(月4回)の場合の料金です。

オンラインのほうが三分の一ほどの値段で済みます。

 

今なら、冬期講習会での授業料1ヶ月分が0円でいけます。この機会に是非通ってみてはいかがでしょうか。

 

進研ゼミ・スタンダードはこんな人におすすめ

部活などでまとまった時間が取れないなら進研ゼミ

進研ゼミのメリットは1回15分で勉強が一区切りつけられることです。

部活などで忙しい中学生でもスキマ時間を使って学習をすすめることができます。

先生と相談しながら学習計画を立てたいならスタンダード(通塾)

スタンダード(通塾)はマンツーマンがメリットです。

自分で学習計画が立てられない人や、臨機応変に学習を進めていきたい人はスタンダード(通塾)がおすすめです。

安価で始めたいならスタンダード(オンライン)

スタンダード(オンライン)はとにかく安価で始められることが魅力です。

必要なものもLINEだけですので、塾に通わせたいけどいきなりは…という人もまずオンライン個別指導ではじめてみるといいでしょう。

まとめ

改めてとくちょうをまとめてみます。

進研ゼミ中学講座個別指導塾スタンダード
オフライン(通塾)オンライン
料金5,980円~約11,800円~3,148円~
科目国・数・英・理・社国・数・英・理・社数・英・理
学習スタイル1回15分の勉強時間マンツーマンの個別指導LINEを使った個別指導
学習方法タブレットor紙通塾スマホ(LINE)

中学生になると小学生とは違って部活などがあったり、高校受験を控えたりと生活習慣がガラッと変わります。

塾選びも無料体験や割引キャンペーンをつかって本当に子どもにあった学習スタイルを確立できると良いかと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました